猫マンガ

おーとっとっと脱走


ラムちゃんが落ちそうになった。
我慢してまでそこに留まる必要もないから
降りるのかな?と思いながら
見ていたら


持ちこたえて、キリっとした。
さすがラムちゃん。


外に出ようとしたら、反対側の窓が少し開いていて
ラムが得意そうな顔で出てしまった。
ひいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ。
心臓が止まりました。ホントに。
冷静に捕まえる事が出来ましたが
私のドキドキがものすごい速さになりました。
気をつけてね(私のこと)


すごい得意顔だった。

関連記事

  1. 猫マンガ

    何事もなかった

    猫って何事もなかった、という顔をするよね~…

  2. 猫マンガ

    今、金、高騰だよね?

    姑の引越しがバタバタと決まって整理に追われています。荷物を相当…

  3. 猫マンガ

    今日の出来事

    今日は面白い出来事があって、何かというと思い出し笑いが止まらず…

  4. 猫マンガ

    やさぐれていた

    姑の病院付き添いで朝の7時に出かけ帰りは夕方6時になったハード…

  5. 猫マンガ

    見つめる猫に見つめ返し

    ラムが物陰から私を見つめていた。そっちがその気なら、と…

  6. 猫マンガ

    ゆず太郎 その四

    ゆず太郎に仲間が増えました。ト…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    五月のハエ
  2. 猫マンガ

    ゆず・・。
  3. 猫マンガ

    理不尽だけど仕方がない
  4. 猫マンガ

    40度こえ!!!
  5. 雑記

    フクロテナガザルに会いに行く
PAGE TOP