猫マンガ

おーとっとっと脱走


ラムちゃんが落ちそうになった。
我慢してまでそこに留まる必要もないから
降りるのかな?と思いながら
見ていたら


持ちこたえて、キリっとした。
さすがラムちゃん。


外に出ようとしたら、反対側の窓が少し開いていて
ラムが得意そうな顔で出てしまった。
ひいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ。
心臓が止まりました。ホントに。
冷静に捕まえる事が出来ましたが
私のドキドキがものすごい速さになりました。
気をつけてね(私のこと)


すごい得意顔だった。

関連記事

  1. 猫マンガ

    安全は他人任せ

    「ねこがくれ」という、いかにも猫が喜びそうな袋を買った。レイリ…

  2. 猫マンガ

    寝相対決

    レイリーとテンちゃんの寝相は同じ。時々片方が目…

  3. 猫マンガ

    金の斧 銀の斧 その一

    セレブな木こり、ゆずひこ。湖に…

  4. 猫マンガ

    ゆずちゃんの水飲み

    ここ数日、水飲み場がびしょ濡れ。大雑把なレイリーが犯人かな?と…

  5. 猫マンガ

    ゆず先輩なのに

    レイリーと対峙したゆずちゃん。最初のうちはキリっとして睨み付け…

  6. 猫マンガ

    気を使う猫

    昨日の投稿をレイリーが見たのか、そんなに寒い夜ではなか…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    ゆずひこの真実
  2. 猫マンガ

    独占愛だったのに
  3. 雑記

    ダイエット、チョロかった。あはは
  4. 雑記

    遺影
  5. 猫マンガ

    ずるいダンス
PAGE TOP