猫マンガ

おーとっとっと脱走


ラムちゃんが落ちそうになった。
我慢してまでそこに留まる必要もないから
降りるのかな?と思いながら
見ていたら


持ちこたえて、キリっとした。
さすがラムちゃん。


外に出ようとしたら、反対側の窓が少し開いていて
ラムが得意そうな顔で出てしまった。
ひいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ。
心臓が止まりました。ホントに。
冷静に捕まえる事が出来ましたが
私のドキドキがものすごい速さになりました。
気をつけてね(私のこと)


すごい得意顔だった。

関連記事

  1. 猫マンガ

    冷酷な王様

    王様テンちゃん。実は冷酷なところがあります。…

  2. 猫マンガ

    カリカリ軟軟

    ショップから猫カリカリの試供品が届きみんな期待に満ちた…

  3. 猫マンガ

    血液検査

    先日受けた健康診断の結果。血液検査の総コレストロール値、中性脂肪、悪…

  4. 猫マンガ

    ゆず先輩

    ゆずとレイリーの関係は先輩と先輩という意味を知らない後輩という…

  5. 猫マンガ

    覚えやすい

    私は記憶力が悪い。なので七宝ちゃんの命日もなかなか覚えられない。…

  6. 猫マンガ

    うさぎとかめ その三

    ゆずカメの勝ち。めでたしめでたし。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    いだてんの巨猫
  2. 猫マンガ

    レイリー7歳になりました
  3. 雑記

    あの先にはお宝が。。。
  4. 猫マンガ

    ヘタレ組
  5. 猫マンガ

PAGE TOP