猫マンガ

おーとっとっと脱走


ラムちゃんが落ちそうになった。
我慢してまでそこに留まる必要もないから
降りるのかな?と思いながら
見ていたら


持ちこたえて、キリっとした。
さすがラムちゃん。


外に出ようとしたら、反対側の窓が少し開いていて
ラムが得意そうな顔で出てしまった。
ひいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ。
心臓が止まりました。ホントに。
冷静に捕まえる事が出来ましたが
私のドキドキがものすごい速さになりました。
気をつけてね(私のこと)


すごい得意顔だった。

関連記事

  1. 猫マンガ

    毛を抜く猫。

    私は怒っています。早朝、ゆずちゃんが私の毛を抜いたのです。…

  2. 猫マンガ

    フラフープ

    テーブルの上がゴチャゴチャ。そうすると、たいてい大切な…

  3. 猫マンガ

    タレ目

    ゆずひこさんから抗議を受ける。ニュースを見てい…

  4. 猫マンガ

    こっそりはダメ

    レイリーが口パクで「ちゅーるが欲しい」と言うので「…

  5. 猫マンガ

    モテモテで困ります

    9年間務めたパートを辞めて今日で2日目。今までも連休で…

  6. 猫マンガ

    ゆず太郎 その一

    前にLINEblogで投稿していた「ゆ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    ゆず太郎 その六
  2. 猫マンガ

    動けない理由
  3. 猫マンガ

    名犬ラッシー
  4. 猫マンガ

    寝る場所
  5. 介護

    高齢と折れ耳
PAGE TOP