猫マンガ

おーとっとっと脱走


ラムちゃんが落ちそうになった。
我慢してまでそこに留まる必要もないから
降りるのかな?と思いながら
見ていたら


持ちこたえて、キリっとした。
さすがラムちゃん。


外に出ようとしたら、反対側の窓が少し開いていて
ラムが得意そうな顔で出てしまった。
ひいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ。
心臓が止まりました。ホントに。
冷静に捕まえる事が出来ましたが
私のドキドキがものすごい速さになりました。
気をつけてね(私のこと)


すごい得意顔だった。

関連記事

  1. 猫マンガ

    ずるいダンス

    レイリー君をブラッシングしているとブラッシングが大好き…

  2. 猫マンガ

    腹ペコ作戦

    ゆずひこさんは腹ペコになると、しつこい。カリカリを出す…

  3. 猫マンガ

    くしゃみ

    大きな声でクシャミをすると猫もすごく驚くので気をつけま…

  4. 猫マンガ

    うさぎとかめ その三

    ゆずカメの勝ち。めでたしめでたし。…

  5. 猫マンガ

    毛を抜く猫。

    私は怒っています。早朝、ゆずちゃんが私の毛を抜いたのです。…

  6. 猫マンガ

    王様は高待遇

    猫あるある。今もオットがパソコンをしよ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    止める。
  2. 猫マンガ

    パシュート
  3. 猫マンガ

    ゆず先輩なのに
  4. 雑記

    相撲観戦
  5. 猫マンガ

    朝のラム様
PAGE TOP