猫マンガ

きゃー

朝起きてぼーとしていたら

うえっうえっと、えずく声。
慌てて走って行ったら

ゆずちゃんが私の布団の上で吐いてた。

しくしく(T_T)。
1周3キロほどのウォーキングコースをみつけた。

3キロでは物足りないな、と

2周しようと張り切っていたのに


1周残り200メートルで

猛烈なウンキに襲われた。

しくしく(T_T)。

関連記事

  1. 猫マンガ

    ゆず太郎 その五

    桃太郎の歌をゆず太郎に変えて歌ってみて…

  2. 猫マンガ

    カチンコチン

    オットがトイレから出てきたらラムが甘えて「ごはんちょうだい」と…

  3. 雑記

    肩痛とブラジャー

    肩が痛いけれど、日常生活はギリギリセーフ。だと思ったけれど、夏…

  4. 猫マンガ

    暖冬

    私にとって今冬は暖冬。なぜならば、レイリーがほとんど布団に入って来な…

  5. 雑記

    お彫刻教室

    今日は東京でワークショップに参加してきました。「シドロモドロ工…

  6. 猫マンガ

    ゆずちゃんの水飲み

    ここ数日、水飲み場がびしょ濡れ。大雑把なレイリーが犯人かな?と…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    気を使う猫
  2. 猫マンガ

    金の斧 銀の斧 その一
  3. 猫マンガ

    残念なゆずちゃん、その四
  4. 猫マンガ

    ズキュン
  5. 雑記

    老眼&硬い体
PAGE TOP