猫マンガ

きよはらくん


昔撮った写真を見ていたら「きよはらくん」が出てきた。


なぜ「きよはらくん」なのか。
衝撃的に顔と鼻が長くて、咄嗟に思い付いた名前でした。


七宝ちゃんがよく対抗していました。(ガラス越しに)
ガラスがなかったら一番に逃げただろうけれど。


七宝の3倍はありそうな体でした。
と、あの当時は思ったけれどレイリーが来てからは
そんなでもなかったな、と思い直しました。


飼い主さんの家がリフォームされてから
見かけなくなりました。

関連記事

  1. 猫マンガ

    それぞれの思惑

    テンちゃんから見た力関係。レイリーには敵わないと思っている。…

  2. 猫マンガ

    滑り込む猫

    お久しぶりのゆずひこちゃん。夜は私の足元で寝ます。…

  3. 猫マンガ

    やっぱり王様はテンちゃん

    猫トイレを買い替えた。インスタグラムで見て「いいね!」と思った…

  4. 猫マンガ

    妖怪四時起こしを退治

    妖怪四時起こしがグイグイ布団に侵入していると大黒猫が布…

  5. 猫マンガ

    酔っ払い?

    担々麺を食べようとしたらいつもよりテンションの高いラム…

  6. 猫マンガ

    ゆずちゃんがむすーとしていた。機嫌が悪いの?今度は…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    閉じ込められた
  2. 猫マンガ

    次の一手
  3. 猫マンガ

    自分勝手
  4. 猫マンガ

    ヒーター占領
  5. 猫マンガ

PAGE TOP