猫マンガ

きよはらくん


昔撮った写真を見ていたら「きよはらくん」が出てきた。


なぜ「きよはらくん」なのか。
衝撃的に顔と鼻が長くて、咄嗟に思い付いた名前でした。


七宝ちゃんがよく対抗していました。(ガラス越しに)
ガラスがなかったら一番に逃げただろうけれど。


七宝の3倍はありそうな体でした。
と、あの当時は思ったけれどレイリーが来てからは
そんなでもなかったな、と思い直しました。


飼い主さんの家がリフォームされてから
見かけなくなりました。

関連記事

  1. 猫マンガ

    ゆず鶴の恩返し その一

    恩返しは期待できないね。…

  2. 猫マンガ

    いつまでも解決しない

    本来、人間が座るハズのソファは常に猫に占領されこれでは…

  3. 猫マンガ

    ゆず鶴の恩返し その三

    ゆず鶴。黒い布を織っちゃダメね。…

  4. 猫マンガ

    見つめる猫に見つめ返し

    ラムが物陰から私を見つめていた。そっちがその気なら、と…

  5. 猫マンガ

    早っ!!

    テンちゃんが寝ている上にラムが遠慮なくドスンと乗って寝…

  6. 猫マンガ

    誰が悪いのか??

    うちで一番の悪食、ゆずひこさん。少し目を離すとコレだ‥…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    ラムのトイレ事情
  2. 猫マンガ

    ゆず太郎、その十三
  3. 猫マンガ

    レイリー7歳になりました
  4. 猫マンガ

    誤解
  5. 雑記

    オリンピック
PAGE TOP