猫マンガ

きよはらくん


昔撮った写真を見ていたら「きよはらくん」が出てきた。


なぜ「きよはらくん」なのか。
衝撃的に顔と鼻が長くて、咄嗟に思い付いた名前でした。


七宝ちゃんがよく対抗していました。(ガラス越しに)
ガラスがなかったら一番に逃げただろうけれど。


七宝の3倍はありそうな体でした。
と、あの当時は思ったけれどレイリーが来てからは
そんなでもなかったな、と思い直しました。


飼い主さんの家がリフォームされてから
見かけなくなりました。

関連記事

  1. 猫マンガ

    世代交代なのか

    朝食起こし係はテンちゃんの役目でしたがどうやら世代交代したみた…

  2. 猫マンガ

    残念なゆずちゃん、その三

    ゆずちゃんが、蜘蛛をいたぶっていた。陰険なやり方だ。(猫はみん…

  3. 猫マンガ

    ゆず太郎 その五

    桃太郎の歌をゆず太郎に変えて歌ってみて…

  4. 猫マンガ

    こだわる女

    ラムは毎朝ミルクを所望します。カリカリを出しても、まずはミルク…

  5. 猫マンガ

    台風が接近中です(午後9時現在)。風の音が恐ろしいです。家…

  6. 猫マンガ

    うちに猿が来た

    突然ですが、うちに猿が来ました。正確に言うと前々から居…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 介護

    ルーティン
  2. 雑記

    シックスパック
  3. 雑記

    だがね
  4. 猫マンガ

    明智ゆずひこ
  5. 雑記

    レディスファッション
PAGE TOP