猫マンガ

きよはらくん


昔撮った写真を見ていたら「きよはらくん」が出てきた。


なぜ「きよはらくん」なのか。
衝撃的に顔と鼻が長くて、咄嗟に思い付いた名前でした。


七宝ちゃんがよく対抗していました。(ガラス越しに)
ガラスがなかったら一番に逃げただろうけれど。


七宝の3倍はありそうな体でした。
と、あの当時は思ったけれどレイリーが来てからは
そんなでもなかったな、と思い直しました。


飼い主さんの家がリフォームされてから
見かけなくなりました。

関連記事

  1. 猫マンガ

    豪華なレイリー

    ラムとレイリーの描き分けが出来ません。試行錯誤の毎日です。…

  2. 猫マンガ

    元通り

    レイリーのマウントが酷くて大喧嘩になり、修復不可能にな…

  3. 猫マンガ

    ゆず太郎、その十三

    ゆず太郎、長いあいだお付き合いありがと…

  4. 猫マンガ

    苦手なのには理由がある

    ラムは相変わらずオットの事が(少し)苦手。ラム…

  5. 猫マンガ

    離さない

    ゆずちゃんは、体がねじれる程おもちゃが好き。おもちゃの…

  6. 猫マンガ

    春がきた

    春っぽくなってきました。花粉も虫も飛んでいます。暖…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 雑記

    老眼&硬い体
  2. 猫マンガ

    ゆずひこ
  3. 猫マンガ

    いだてんの巨猫
  4. 猫マンガ

    舐め服
  5. 猫マンガ

    ブーム
PAGE TOP