猫マンガ

きよはらくん


昔撮った写真を見ていたら「きよはらくん」が出てきた。


なぜ「きよはらくん」なのか。
衝撃的に顔と鼻が長くて、咄嗟に思い付いた名前でした。


七宝ちゃんがよく対抗していました。(ガラス越しに)
ガラスがなかったら一番に逃げただろうけれど。


七宝の3倍はありそうな体でした。
と、あの当時は思ったけれどレイリーが来てからは
そんなでもなかったな、と思い直しました。


飼い主さんの家がリフォームされてから
見かけなくなりました。

関連記事

  1. 猫マンガ

    ズキュン

    寒い日限定というのが少し寂しいけれどレイリーと枕を共有…

  2. 猫マンガ

    いまだ慣れず

    寒いです。猫ズは寒いと日中ほとんど寝ています。静かな日曜日…

  3. 猫マンガ

    愛が深まった

    猫の誰かがゲロッピしても、ティッシュが間に合わない時は見ている…

  4. 猫マンガ

    叱られた

    ゆずひこ。テンちゃんに叱られる。…

  5. 猫マンガ

    ぷるぷる

    うちの洗濯機は15年以上使っている縦型全自動。壊れそうで壊れな…

  6. 猫マンガ

    ライバル

    旦那のお友達(動物好き)が来てテンちゃんレイリーは営業するので…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    金の斧 銀の斧 その二
  2. 猫マンガ

    ヘタレ組
  3. 猫マンガ

    平気
  4. 猫マンガ

    残念
  5. 雑記

    肩痛とブラジャー
PAGE TOP