猫マンガ

こだわる女


ラムは毎朝ミルクを所望します。
カリカリを出しても、まずはミルク!!と大騒ぎです。


しかも味にうるさい。
程よい温度、程よい濃さでないと飲みません。
(コンデンスミルクの濃さが理想)

飲まないのなら、私もさっさと片付ければ良いのに
ラムが気に入るまで調整します。
我ながら甘いなぁと思いますが仕方がない。
猫バカですもん‥。


各地で大雪になっていますね。
名古屋をさけるように雪が降っているようで
こちらは雨です。

雪と言えばラムテン七宝が初めて雪を見た時を思い出します。
みんな「ふっしぎ~」という顔をしていました。

関連記事

  1. 猫マンガ

    ゆず太郎 その三

    ゆず太郎。暴走気味ですが、この…

  2. 猫マンガ

    レイリーアタック!

    ソファーに座ってお尻をぼりぼりしていたら太ももからチラ…

  3. 猫マンガ

    猫ベッド

    新調した猫ベッド。ゆずが一番最初に使って、次が…

  4. 猫マンガ

    反省の無いごめんね

    マットレスを立てて置いていた。ラムが飛び乗った。…

  5. 猫マンガ

    動けない理由

    オットがソファーに座るともれなくレイリーが付いてきます…

  6. 猫マンガ

    剣山ベロベロ

    レイリーは抱っこするとグイグイ迫ってきてベロベロ舐めたがる。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    節約
  2. 猫マンガ

    ゆず鶴の恩返し その一
  3. 猫マンガ

    探し物
  4. 猫マンガ

    ゆず太郎、その十一
  5. 雑記

    やってまった
PAGE TOP