猫マンガ

ずるいダンス


レイリー君をブラッシングしていると


ブラッシングが大好きなゆずちゃんが
「ずるいダンス」を踊りながらやってきて


レイリー君と私の間に割って入る。
ぐいぐい。


私にお尻をむけて尻尾でビンタ。
それがブラッシングをしてほしいという態度なのか?
甚だ疑問ではあるけれど、まあ仕方がない。


ゆずちゃんだから。

関連記事

  1. 猫マンガ

    冬の装い

    寒くなってきました。コートとマスクさえあれば外…

  2. 猫マンガ

    膝が痛い

    前に膝を痛めてから、どうも調子が悪い。30分くらいのウォーキン…

  3. 猫マンガ

    うさぎとかめ その一

    今回のゆずひこは冷静でカッコいい役です…

  4. 猫マンガ

    戦い

    テンちゃんとラムは時々燃えて戦う。二匹同時に立…

  5. 猫マンガ

    天才テンちゃんが出来上がる

    前に目覚まし時計を操るテンちゃんについ…

  6. 猫マンガ

    重大な忘れ物

    常日頃からラムを溺愛していると言っている私が1…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 介護

    猫がいて良かった
  2. 猫マンガ

    めんどくさい女
  3. 猫マンガ

    家鳴り
  4. 雑記

    人(機械)のせいにしてはいけません
  5. 雑記

    大恋愛〜僕を忘れる君と
PAGE TOP