猫マンガ

ずるいダンス


レイリー君をブラッシングしていると


ブラッシングが大好きなゆずちゃんが
「ずるいダンス」を踊りながらやってきて


レイリー君と私の間に割って入る。
ぐいぐい。


私にお尻をむけて尻尾でビンタ。
それがブラッシングをしてほしいという態度なのか?
甚だ疑問ではあるけれど、まあ仕方がない。


ゆずちゃんだから。

関連記事

  1. 猫マンガ

    目覚めの喝

    オットは朝が弱く、ボーとしている時間が長い。今朝も扉の前でボー…

  2. 人間をダメにするソファ

    いつもレイリーが寝ていたソファ。ポツンとしてて見ると泣ける。…

  3. 猫マンガ

    浦島ゆず太郎・3

    昔々、あるところに(以下省略)浜辺を歩いていると(以下…

  4. 猫マンガ

    フラフープ

    テーブルの上がゴチャゴチャ。そうすると、たいてい大切な…

  5. 猫マンガ

    爪切り

    レイリーは爪切りが嫌いだ。切ろうとすると、丸まって拒否する。可…

  6. 猫マンガ

    馴染んだソフトよ、さようなら

    長年馴染んできた絵を描くソフトと明日でお別れ。ラムより…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    うちに猿が来た
  2. 雑記

    大相撲とつっかけ
  3. 雑記

    フクロテナガザルに会いに行く
  4. 猫マンガ

    首に乗る猫
  5. 猫マンガ

    馴染んだソフトよ、さようなら
PAGE TOP