猫マンガ

ずるいダンス


レイリー君をブラッシングしていると


ブラッシングが大好きなゆずちゃんが
「ずるいダンス」を踊りながらやってきて


レイリー君と私の間に割って入る。
ぐいぐい。


私にお尻をむけて尻尾でビンタ。
それがブラッシングをしてほしいという態度なのか?
甚だ疑問ではあるけれど、まあ仕方がない。


ゆずちゃんだから。

関連記事

  1. 猫マンガ

    いつまでも解決しない

    本来、人間が座るハズのソファは常に猫に占領されこれでは…

  2. 猫マンガ

    ゆず太郎 その八

    やっと仲間がそろいましたね。前…

  3. 猫マンガ

    安全は他人任せ

    「ねこがくれ」という、いかにも猫が喜びそうな袋を買った。レイリ…

  4. 猫マンガ

    トイレの事情

    ゆずちゃんのトイレ使いはすごいです。忍者のように静かでいつ使用…

  5. 猫マンガ

    危機管理

    ラムとゆずは寝ていても人間の気配をすぐに感じて…

  6. 猫マンガ

    春がきた

    春っぽくなってきました。花粉も虫も飛んでいます。暖…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    反省の無いごめんね
  2. 猫マンガ

    隠してもダメですよ
  3. 猫マンガ

    レイリー7歳になりました
  4. 雑記

    口内炎ダイエット
  5. 猫マンガ

    さよなら、マカロン
PAGE TOP