猫マンガ

ちょっとした変化

テンちゃんがいなくなってからの
ちょっとした変化。
普段と変わらない所の方が多いけど
夜になって
さて、寝ようかなと心で呟くと
別の階で寝ていたゆずちゃんに
届くのか、
大あわてで走ってきて
甘々ベタベタしてから
一緒に寝る様になりました。

関連記事

  1. 猫マンガ

    二重人格

    ラムを追っかけ回している時はとってもエラそうなのに不用意な音…

  2. 猫マンガ

    次の一手

    寝ていて視線を感じ、目を開けるとそこに…

  3. 猫マンガ

    見つめる猫に見つめ返し

    ラムが物陰から私を見つめていた。そっちがその気なら、と…

  4. 猫マンガ

    浦島ゆず太郎・6 最終回

    テン亀に助けられたゆず太郎。自分の家に案内すると言い出した。…

  5. 猫マンガ

    ルーティン

    レイリー君の寝る前ルーティン。私に乗る。首とか顔とか。…

  6. エコノミー症候群

    レイリーは狭い段ボールベッドで寝るのが好きだけどエコノ…

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • kotori
    • 2018年 12月 23日

    このイラスト・・・泣きました。

    ゆずちゃんも優しいね。

      • miyo
      • 2018年 12月 24日

      kotoriさん
      色々考えると悲しくなるので、絵を描いて向こうで楽しくやっていると
      想像しています。
      昨夜はテンちゃんが帰ってきて寝ている私の布団の上を歩かないかな~と
      期待して寝たらオバケの夢をみてしまいました。くすん。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    寒さ対策
  2. 猫マンガ

    寒さには勝てない
  3. 猫マンガ

    5000歩
  4. 雑記

    髪を切りました
  5. 猫マンガ

    膝が痛い
PAGE TOP