猫マンガ

やさぐれていた


姑の病院付き添いで朝の7時に出かけ
帰りは夕方6時になったハードな一日。


出かける時に焦っていて、猫ズのご飯が少し
適当だった事を思い出し、


恐る恐る扉を開けたら
案の定、誰も迎えに来ない。
あらま、怒っているかしら?


ラムとレイリーはヤンキー座りで、やさぐれていて
仕返しのゲロッピ2か所は多分テンちゃん。
ゆずは器の前で呆けていました。

関連記事

  1. 猫マンガ

    閉じ込められた

    猫をうっかり閉じ込めちゃう事ってありますよね。テンちゃんの場合…

  2. 猫マンガ

    酔っ払い?

    担々麺を食べようとしたらいつもよりテンションの高いラム…

  3. 猫マンガ

    思惑通りにはいかない

    新しいトイレ。ゆとりの大きさだから、今度こそ上手く行くと思った…

  4. 猫マンガ

    浦島ゆず太郎・3

    昔々、あるところに(以下省略)浜辺を歩いていると(以下…

  5. 猫マンガ

    寒さには勝てない

    レイリー君。外が大好き。(うちはデッキテラスを…

  6. 猫マンガ

    メインクーンの仔猫

    ペットショップに行ったらメインクーンの仔猫がいた。めずらしい~…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 雑記

    顔面蒼白
  2. 猫マンガ

    猫でないもの
  3. 雑記

    サイズ的にはあり得ないけれど
  4. 猫マンガ

    気を使う猫
  5. 猫マンガ

    おしゃべり
PAGE TOP