猫マンガ

やさぐれていた


姑の病院付き添いで朝の7時に出かけ
帰りは夕方6時になったハードな一日。


出かける時に焦っていて、猫ズのご飯が少し
適当だった事を思い出し、


恐る恐る扉を開けたら
案の定、誰も迎えに来ない。
あらま、怒っているかしら?


ラムとレイリーはヤンキー座りで、やさぐれていて
仕返しのゲロッピ2か所は多分テンちゃん。
ゆずは器の前で呆けていました。

関連記事

  1. 猫マンガ

    目覚めの喝

    オットは朝が弱く、ボーとしている時間が長い。今朝も扉の前でボー…

  2. 猫マンガ

    報われない

    出張続きのオット。帰ってくると猫にモテモテ。オットの事がち…

  3. 猫マンガ

    うちに猿が来た

    突然ですが、うちに猿が来ました。正確に言うと前々から居…

  4. 猫マンガ

    滑り込む猫

    お久しぶりのゆずひこちゃん。夜は私の足元で寝ます。…

  5. 猫マンガ

    布団に食べられた

    無印良品の人間をダメにするソファは猫もダメにしますがそ…

  6. 猫マンガ

    猫ベッド

    新調した猫ベッド。ゆずが一番最初に使って、次が…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    豪華なレイリー
  2. 猫マンガ

    ゆず太郎 その五
  3. 介護

    高齢と折れ耳
  4. 猫マンガ

    めんどくさい女
  5. 猫マンガ

    男の人
PAGE TOP