猫マンガ

ゆず先輩


ゆずとレイリーの関係は先輩と
先輩という意味を知らない後輩という感じです。


ゆずが体格的にレイリーに勝てるのは足の太さだけ。
ゆずの足は太くて、この太さだったら
もっと大きく育つハズだったんじゃないの?と思うくらい。
反対にレイリーはあの細い足で巨体を支えるのは奇跡と思うくらい。
そんな立派な足を持つゆずなのに


レイリーに勝ったことがないのです。

ゆず先輩の話はつづくよ。

 

関連記事

  1. 猫マンガ

    がんばれ、ゆず先輩

    レイリーに舐められているゆず先輩。パンチで抗議するも、…

  2. 猫マンガ

    マカロンベッドの苦悩

    「私はマカロンの精」「こんな事言うのもなんです…

  3. 猫マンガ

    めんどくさい女

    ラムは時々マリーアントワネットになる。カリカリ…

  4. 猫マンガ

    早っ!!

    テンちゃんが寝ている上にラムが遠慮なくドスンと乗って寝…

  5. 猫マンガ

    腹ペコ作戦

    ゆずひこさんは腹ペコになると、しつこい。カリカリを出す…

  6. 猫マンガ

    重大な忘れ物

    常日頃からラムを溺愛していると言っている私が1…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    ご飯事情
  2. 猫マンガ

    金の斧 銀の斧 その二
  3. 猫マンガ

    不意打ち
  4. 猫マンガ

    母よりテンちゃん
  5. 猫マンガ

    報われない
PAGE TOP