ヒノキ

雑記


オットはクシャミ、鼻水、目のかゆみがあっても


花粉症ではない!と言い張る。アホなの?


と、思っていたけれどその気持ちが今年やっとわかった。
私はヒノキ花粉症ではない!いまだにグズグズだけど
ヒノキ花粉症ではないのだ、と言い張りたい。

コメント

  1. くろ より:

    今年もとうとう花粉症にならなかった私。
    まわりからは筋金入りの原始人と呼ばれておりまする(笑)

    • miyo miyo より:

      くろさん
      マスクをしていたら近所のおばさま(65歳くらいのひと)に花粉症だなんて
      お若いわね~と褒められ(?)ました。
      くろさん、原始人ですね。間違いないです。っつーか羨ましいーーーー。

  2. narao より:

    帰郷後、40歳の頃に、庭に咲いた大量の水仙の花をクルマに積み込み職場に持って行った時に発生。その後、年間を通じ、色んなもので発症。春秋は勿論。ハウスダストも非常に危険。研究熱心な僕はありとあらゆる鼻炎薬を試した結果、J&Jのアネトンと相性が良いことを発見し、以後はこれを飲めば、眠くもならず、調子良いです。ただ、消費量が並では無い。僕より、悲惨なnara妻は、一昨年くらいから、杉エキス?の注射を定期的に打って貰っており、ここ最近、傍から見てると、かなり効果が出ている様子。ただ、以前、一時期、皮膚科のクリニックに勤務していたことがあり、その時の経験では、自分はまだ幸せだ。と、思うくらいアレルチック?な方はいっぱいいらっしゃいました。ただ、突然発症した方はいくらでもいらっしゃいましたが、突然治ったという方は聞いたことはありませんでした。どつらかと云うと、原因が拡大する方が多かった。お大事に。 

    • miyo miyo より:

      naraoさん
      naraoさんもアレルギー性鼻炎ですか。。。しかも年中とは。
      私は21~2歳の時にスギ花粉を発症。当初は今ほどメジャーではなく薬もあまりなかったです。
      夜、寝ていると噴水のように鼻水が出て朝起きると枕元にはティッシュの山が出来ていました。
      今は薬とマスクのおかげで、昔ほど酷くなりません。しかーし、どうやらヒノキもダメっぽい。
      nara妻さんは注射を打つほど酷いのですね。お察しします。
      全てのアレルギーに劇的に効く薬が早く出てこーーーい。

タイトルとURLをコピーしました