猫マンガ

ヒーター占領


テンちゃんは相変わらずファンヒーターの前を占領。


暖かい風がテンちゃんの前で止まって
後ろにいる人間は寒くて仕方がないのです。
しかもテンちゃんの鼻は真っ赤。
きっと熱いに違いない。


テンちゃんは年寄りだから(ひどい!)
熱を感じないのかもしれなので
親切心でヒーターの向きを変えてみました。

そしたら


テンちゃんはプリプリ怒りながら起きて


またまたヒーターの前を占領。

仕方がない。人間は我慢しますよ。

関連記事

  1. 猫マンガ

    ラムちゃんがとても悲しそうな声で泣いていた。脱衣所が好きなので…

  2. 猫マンガ

    美しい爪

    ラムの爪は細くて形が良い。人間だったらさぞかしネイルが似合うだ…

  3. 介護

    猫のおかげ

    レイリーが可愛い顔で寝ているなぁ~と心の中で思っていたら…

  4. 猫マンガ

    大喧嘩

    レイリーはマウント魔。チャンスさえあれば、いつでもどこでもマウ…

  5. 猫マンガ

    見つめる猫に見つめ返し

    ラムが物陰から私を見つめていた。そっちがその気なら、と…

  6. 猫マンガ

    寝返り出来ない

    レイリーは私の腕枕で寝ます。アツアツの恋人同士のようです。はあ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    大喧嘩その後
  2. グッズ

    久しぶりのLINEスタンプ
  3. 猫マンガ

    ヒーター占領
  4. 雑記

    年賀状でイライラ
  5. 猫マンガ

    金の斧 銀の斧 その二
PAGE TOP