猫マンガ

ヒーター占領


テンちゃんは相変わらずファンヒーターの前を占領。


暖かい風がテンちゃんの前で止まって
後ろにいる人間は寒くて仕方がないのです。
しかもテンちゃんの鼻は真っ赤。
きっと熱いに違いない。


テンちゃんは年寄りだから(ひどい!)
熱を感じないのかもしれなので
親切心でヒーターの向きを変えてみました。

そしたら


テンちゃんはプリプリ怒りながら起きて


またまたヒーターの前を占領。

仕方がない。人間は我慢しますよ。

関連記事

  1. 猫マンガ

    初〇〇

    初日の出初夢初‥‥…

  2. 猫マンガ

    金の斧 銀の斧 その二

    ゆずひこちゃん。前に「素直が身…

  3. 猫マンガ

    無視にはコレ

    要望が通るまで鳴き続けるゆずちゃん。私の肩に手を乗せて…

  4. 猫マンガ

    寝る場所

    うちは人間の寝る場所が1階でキッチンリビングは2階。ソファを置…

  5. 猫マンガ

    ねっとりエキス

    普段はとてもクールなテンちゃんですが甘えスイッチが入る…

  6. 猫マンガ

    止める。

    (以下、テンちゃんのつぶやき)「母は東京に行くと言って浮足…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    寝る前、起きる前
  2. 雑記

    人(機械)のせいにしてはいけません
  3. 猫マンガ

    無理無理グイグイ
  4. 雑記

    顔面蒼白
  5. 雑記

    新しい体重計
PAGE TOP