猫マンガ

ラム、家に居つく


実家に返されそうになった、あたし。
でも返されなかったから、そのまま家にいる事にした。


変な猫はテンちゃんという名前で
あたしの尻尾で遊び出し


見た目と違ってそこそこ俊敏。


いつの間にか仲良くなっていたら
ある日、悪魔が来たのだ・・・。


ラムは子猫の頃、老けていた。
これで生後4か月。


「ボクはちゃんと仔猫だったよ」

 

関連記事

  1. 猫マンガ

    何をしやがる

    床に本を置いて読んでいたらゆずちゃんが背中に乗ってきて…

  2. 猫マンガ

    うさぎとかめ その一

    今回のゆずひこは冷静でカッコいい役です…

  3. 猫マンガ

    ゆず太郎 その九

    明日は鬼が登場します。怖い怖い…

  4. 猫マンガ

    冷たい

    テンちゃんが寝ていたので添い寝をした。し・…

  5. 猫マンガ

    独占愛だったのに

    ラムが加齢のせいか(ヒドイ!)オットに懐くようになった。なって…

  6. 猫マンガ

    可愛い決まり事

    私が台所で動き出すとラムがぴょんと乗ってきて…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 雑記

    胃カメラとバリウム検査
  2. 介護

    診療情報提供書
  3. 猫マンガ

    残念なゆずちゃん、その四
  4. 猫マンガ

    ゆず鶴の恩返し その三
  5. 猫マンガ

    熱い壁
PAGE TOP