猫マンガ

ラムものがたり


ラムがうちに来た時からのお話し。
始まり始まり~。


2006年1月。寒い日。
お兄ちゃんと走り回って遊んでいたら
見知らぬ人間が2匹現れたの。
あたし、無視して遊んでいたら
突然箱に入れられたの。


頭にきたから
この世の終わりみたいな絶叫してやったわ。
そしたらママンの所に戻れると思ったし。

箱はゆらゆら揺れていたけれどそれが止まったら
見た事のない家に着いたの。


で、箱から出たら変なのがいた。
あたし、げっ、って言った。
耳がぺったんこだし、丸くてフワフワしてんの。
しかも動きがのっそりなの。
猫なのにあり得ない!!


生後1週間のテンちゃん。かわいい~。

「ラムちゃんはよく吠えてたよ」

 

関連記事

  1. 猫マンガ

    お腹たっぷん

    レイリーが走る後ろ姿を見ていたらお腹が左右に激しく揺れていた。…

  2. 猫マンガ

    センシティブ

    twitterで「センシティブな内容が含まれている可能性がある…

  3. 猫マンガ

    誰が悪いのか??

    うちで一番の悪食、ゆずひこさん。少し目を離すとコレだ‥…

  4. エコノミー症候群

    レイリーは狭い段ボールベッドで寝るのが好きだけどエコノ…

  5. 猫マンガ

    明智ゆずひこ

    「テンちゃん一家」が「ゆずちゃん一家」になるのか?と思われた3…

  6. 猫マンガ

    浦島ゆず太郎・2

    無理矢理、竜宮城に連れて行かれるゆず太郎。いよいよ潜り…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    ゆず鶴の恩返し その二
  2. 猫マンガ

    お腹たっぷん
  3. 猫マンガ

    人間をダメにするソファ
  4. 雑記

    間違えた
  5. 猫マンガ

    妖怪四時起こしを退治
PAGE TOP