猫マンガ

七宝


もし、新人猫を受け入れる事になったら
仔猫以外は多分無理だと思う。レイリー以外は。
なんて事を考えていたら


七宝ちゃんが帰ってきたら、うちの子たち覚えているかな?
と思い


きっと覚えているよね、と想像したら胸があつくなった。
改めて、七宝ちゃんの存在は大きかったなと感じる。
猫全体に活気があった。(喧嘩が多かったから?)


チコちゃん。
七宝はチコちゃんに似ていたよ。

関連記事

  1. 猫マンガ

    高熱だったテンちゃん

    昨夜はテンちゃんが猫っぽく香箱座りをしていました。そういう時は…

  2. 猫マンガ

    誰が悪いのか??

    うちで一番の悪食、ゆずひこさん。少し目を離すとコレだ‥…

  3. 猫マンガ

    金の斧 銀の斧 その三

    女神様、落とした斧を持って行っちゃった…

  4. 猫マンガ

    朝のラム様

    朝は時間との闘い。でもこのお方には関係ない。ラム様ですから。…

  5. 猫マンガ

    止める。

    (以下、テンちゃんのつぶやき)「母は東京に行くと言って浮足…

  6. 猫マンガ

    衰え

    テンちゃん。飛びます飛びます。飛んだ。‥‥…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    引越し
  2. 猫マンガ

    いまだ慣れず
  3. 猫マンガ

    ずるいダンス
  4. 雑記

    懐かしい子たち
  5. 猫マンガ

    おもちゃ遊び
PAGE TOP