猫マンガ

七宝


もし、新人猫を受け入れる事になったら
仔猫以外は多分無理だと思う。レイリー以外は。
なんて事を考えていたら


七宝ちゃんが帰ってきたら、うちの子たち覚えているかな?
と思い


きっと覚えているよね、と想像したら胸があつくなった。
改めて、七宝ちゃんの存在は大きかったなと感じる。
猫全体に活気があった。(喧嘩が多かったから?)


チコちゃん。
七宝はチコちゃんに似ていたよ。

関連記事

  1. 猫マンガ

    ゆず鶴の恩返し その三

    ゆず鶴。黒い布を織っちゃダメね。…

  2. 猫マンガ

    パシュート

    パシュートがカッコ良くて見入ってしまいました。日本チー…

  3. 猫マンガ

    朝のラム様

    朝は時間との闘い。でもこのお方には関係ない。ラム様ですから。…

  4. 猫マンガ

    ライバル

    旦那のお友達(動物好き)が来てテンちゃんレイリーは営業するので…

  5. 猫マンガ

    しぶしぶ

    ラムはカリカリに飽きると、嫌々食べている感を出しつつ食べる。…

  6. 猫マンガ

    夢中になって血を見る

    おもちゃを出すとワラワラ集合。うちは末っ子が一…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    冷たいと言うのか恩知らずなのか
  2. 雑記

    頭が悪い
  3. 猫マンガ

    剣山ベロベロ
  4. 雑記

    オリンピック
  5. 猫マンガ

    ちょっぴり変態
PAGE TOP