猫マンガ

冷たいと言うのか恩知らずなのか


ラムさんって、ご飯が欲しい時は
オットに大きな声で訴えて(ちょっと甘え気味)
しっかりもらっている。


ご飯を食べた後、オットが声をかけても無視。


さすがにオットが気の毒に思えてくる。


「その分、ボクがカバーしているから大丈夫」

関連記事

  1. 猫マンガ

    金の斧 銀の斧 その一

    セレブな木こり、ゆずひこ。湖に…

  2. 猫マンガ

    レベルが上がった

    テンちゃんがマカロンベッドに入ろうとしてまた愚かな事を…

  3. 猫マンガ

    キスは嫌

    ラムは私の事が大好き。いつもベッタリ。12年も一緒に暮らして…

  4. 猫マンガ

    忍者ゆずひこ

    うちは階段の下に猫トイレ部屋を作った。換気扇も付いてい…

  5. 猫マンガ

    理不尽だけど仕方がない

    ラムはみんなのお尻が大好き。嗅いではフレーメン反応を楽しんでい…

  6. 猫マンガ

    ゆず太郎 その十

    ゆず太郎、油断大敵って知ってる?…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    明智ゆずひこ
  2. 猫マンガ

    明日の話しですが
  3. 猫マンガ

    愛が足りないのかも
  4. 雑記

    引きずられる
  5. 猫マンガ

    ズキュン
PAGE TOP