猫マンガ

冷酷な王様

王様テンちゃん。

実は冷酷なところがあります。

寒い日、ラムはテンちゃんと一緒に寝たいので

まず肩もみをします。

ゴマすりです。

肩もみが終わった後は

丁寧に舐めまわします。

一生懸命です。

でも‥。

テンちゃんは途中で容赦なく去ります。

ラム、茫然。

一生懸命肩もみして舐めまわしたのに

ヒドイね!

関連記事

  1. 猫マンガ

    ゆず鶴の恩返し その一

    恩返しは期待できないね。…

  2. 猫マンガ

    踏み台が必要

    煙となんとかとテンちゃんは高い所が好き。で…

  3. 猫マンガ

    ゆず太郎 その二

    お終い、、じゃないよ。まだまだ…

  4. 猫マンガ

    冷たい

    テンちゃんが寝ていたので添い寝をした。し・…

  5. 猫マンガ

    可愛い決まり事

    私が台所で動き出すとラムがぴょんと乗ってきて…

  6. 猫マンガ

    愛が深まった

    猫の誰かがゲロッピしても、ティッシュが間に合わない時は見ている…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    おしゃべり
  2. 猫マンガ

    ゆず太郎、その十一
  3. 猫マンガ

    豪華なレイリー
  4. 猫マンガ

    七宝
  5. 猫マンガ

    独占愛だったのに
PAGE TOP