猫マンガ

妖怪 四時起こし

涼しいを通り越して冬の到来を告げる使者。

それは妖怪「四時起こし」。

その妖怪は口元にたっぷり水分を含んでいるところが恐ろしい。

妖怪に反応してご飯を出してしまうと

後々、恐ろしい事が待っているのでムシするに限る。

布団をかぶってムシするのだが、

妖怪は布団を掘って入ってくる。

口元たっぷり水分と共に。

誰か助けてー!と思っていたら救世主が現れた!!

つづく

↓応援ありがとうございます。

関連記事

  1. 猫マンガ

    ゆず太郎 その五

    桃太郎の歌をゆず太郎に変えて歌ってみて…

  2. 猫マンガ

    次の一手

    寝ていて視線を感じ、目を開けるとそこに…

  3. 猫マンガ

    学習しないテンちゃん

    レイリーの近くを通るとガバッと抱きつかれるテンちゃん。…

  4. 猫マンガ

    大喧嘩

    レイリーはマウント魔。チャンスさえあれば、いつでもどこでもマウ…

  5. 猫マンガ

    ゆず先輩なのに

    レイリーと対峙したゆずちゃん。最初のうちはキリっとして睨み付け…

  6. 猫マンガ

    目覚めの喝

    オットは朝が弱く、ボーとしている時間が長い。今朝も扉の前でボー…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    浦島ゆず太郎・5
  2. 雑記

    穴があったら入りたい
  3. 猫マンガ

    必死すぎるアクビ
  4. 雑記

    イカの塩辛とチキンラーメン
  5. 雑記

    寝相
PAGE TOP