猫マンガ

安全は他人任せ


「ねこがくれ」という、いかにも猫が喜びそうな袋を買った。
レイリーが入っても余裕の大きさ。


レイリーは物怖じしないので、すぐに遊び出す。
ラムは様子を伺うけれど、すぐには遊ばない。


忘れた頃にゆずちゃんが登場。
本当は最初から遊びたいけれど臆病なので
近くを何度も通って様子伺い。
そして意を決して触ってみる。


。。。。。
ゆずちゃんが遊ぶ日は遠いようだ。

関連記事

  1. 猫マンガ

    危機管理

    ラムとゆずは寝ていても人間の気配をすぐに感じて…

  2. 猫マンガ

    探し物

    15年くらい前、まだラムテンもいなかった頃。株取引にちょっとハ…

  3. 猫マンガ

    理不尽だけど仕方がない

    ラムはみんなのお尻が大好き。嗅いではフレーメン反応を楽しんでい…

  4. 猫マンガ

    愛が足りないのかも

    テンちゃんのイメージはこんなですが普段は私の事を冷たい…

  5. 猫マンガ

    寒さ対策

    ここ数日、暖かったけれど明日からものすごく寒くなる予報が出てい…

  6. 猫マンガ

    寒さには勝てない

    レイリー君。外が大好き。(うちはデッキテラスを…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    レイリー7歳になりました
  2. 介護

    張り切りすぎてはいけません
  3. 猫マンガ

    やっぱり王様はテンちゃん
  4. 雑記

    ピクリとも動いてはいけません
  5. 猫マンガ

    母よりテンちゃん
PAGE TOP