猫マンガ

寄り添う猫


今、この絵を描いている時もゆずちゃんは
私の隣に座っています。
レイリーみたいに全身で甘えるのではなく
気が向いたらボクを撫でて、と控えめです。

ゆずちゃんは、ゆっくり癒してくれるタイプ。

姑の引越し、手術、その後のバタバタが落ち着いて
やっと通常のリズムが戻ってきました。
まだ時々、ケア会議とか通院が残っているけれど
前みたいに週に何度も、という事がなくなり
1カ月後とかゆったりしたものになってきました。

改めて家の中を見ると掃除もろくにしていなくて
汚れている。
私の心もドロドロと汚れていた。
これから改善していこうと思います。

 

関連記事

  1. 雑記

    世の中、甘くないよね

    姑の金貨に心躍る私。ちょうどテレビで中国のパンダ金貨をやってい…

  2. 猫マンガ

    ズキュン

    寒い日限定というのが少し寂しいけれどレイリーと枕を共有…

  3. 猫マンガ

    ゆず太郎 その五

    桃太郎の歌をゆず太郎に変えて歌ってみて…

  4. 猫マンガ

    閉じ込められた・2

    ラムちゃんは閉じ込められても閉じ込められたという自覚を持てない…

  5. 猫マンガ

    滑り込む猫

    お久しぶりのゆずひこちゃん。夜は私の足元で寝ます。…

  6. 猫マンガ

    人間をダメにするソファ

    無印良品の体にフィットするソファ、通称人間をダメにするソファ。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    膝が痛い
  2. 猫マンガ

    テンちゃん12歳
  3. 猫マンガ

    ラムのブーム
  4. 猫マンガ

    YOUは何しにココへ?
  5. 雑記

    痒くて発狂しそう
PAGE TOP