猫マンガ

心臓マッサージ


レイリーくん。


明かりを消すと


スイッチが入ることがあり


走り回って、時々私にダイブ。


強制心臓マッサージをうけた感じです。
ドキドキしちゃう。

関連記事

  1. 猫マンガ

    ズキュン

    寒い日限定というのが少し寂しいけれどレイリーと枕を共有…

  2. 猫マンガ

    ゆず太郎 その五

    桃太郎の歌をゆず太郎に変えて歌ってみて…

  3. 猫マンガ

    おねしょ?

    今朝、起きてご飯を食べて布団に戻ったら水浸し。…

  4. 猫マンガ

    ゆず太郎 その十

    ゆず太郎、油断大敵って知ってる?…

  5. 猫マンガ

    残念

    横取りされるラム。そして、私は…

  6. 猫マンガ

    それぞれのウンチハイ

    テンちゃんは、する前が長い。地球の裏側まで掘っ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 雑記

    フクロテナガザルに会いに行く
  2. グッズ

    テンちゃん一家グッズ・スタンプ
  3. 猫マンガ

    妖怪 四時起こし
  4. 猫マンガ

    タレ目
  5. 猫マンガ

    大変な事になりました
PAGE TOP