猫マンガ

心臓マッサージ


レイリーくん。


明かりを消すと


スイッチが入ることがあり


走り回って、時々私にダイブ。


強制心臓マッサージをうけた感じです。
ドキドキしちゃう。

関連記事

  1. 猫マンガ

    フクロテナガザル4時

    まだ太陽も昇らない午前4時。フクロテナガザルが突然騒ぎ…

  2. 猫マンガ

    レイリー君のトイレ事情

    レイリーにとってはやや小さめのトイレ。縮こまって頑張って用を足…

  3. 猫マンガ

    寒さには勝てない

    レイリー君。外が大好き。(うちはデッキテラスを…

  4. 猫マンガ

    カリカリ軟軟

    ショップから猫カリカリの試供品が届きみんな期待に満ちた…

  5. 猫マンガ

    金の斧 銀の斧 その二

    ゆずひこちゃん。前に「素直が身…

  6. 猫マンガ

    止める。

    (以下、テンちゃんのつぶやき)「母は東京に行くと言って浮足…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 雑記

    寝ぼけてドッキリ
  2. 雑記

    丸焼きに憧れる
  3. 猫マンガ

    何事もなかった
  4. 猫マンガ

    ゆず太郎、その十二
  5. 猫マンガ

    9.5キロ
PAGE TOP