恩返しと愛

猫マンガ


今日、私は駐車場にいたタマムシを助けた。
最近めったに見ないタマムシ。
とても美しいタマムシ。金ぴか。
金ぴかのタマムシを助けたから
恩返しも金ぴかを期待していいだろうか。


オットはレイリーのゲロpを手で受け止めた。
そこには愛しか感じなかった。


「おとーちゃん、好き」

以下、タマムシ画像がありますので苦手な人は見ないでね。

 

 

 


私が助けたタマムシ。
手で触るのは怖いので草に摑まらせて
飛んで私に向ってきたらどうしよう、とドキドキ。

 

 

 

コメント

  1. りんご より:

    玉虫、これはもうブローチです(笑)
    どうしてこんなに煌びやかなのでしょうね。
    虫って不思議。
    小さいからいいけど、大きかったらエイリアン?怪獣?

    • miyo miyo より:

      りんごさん
      タマムシの色の見事さは、もう感激モノですよね。
      しばらく見惚れていましたが、熱いアスファルトの上。
      だんだん動きが悪くなってきたので草が生い茂った所まで
      運びました。途中、飛びそうになってビビりました。

タイトルとURLをコピーしました