猫マンガ

手がかかる

テンちゃん。

ベッドに入ろうとしている。

端っこに手をかけたら

ベッドが自分に向ってきてビックリ。

ドキドキ。

同じ事を3回ほど繰り返すので

もう片方を支えてあげた。

私の事をあまり信用していない様子だったけれど

無事入る事ができて「ふふ」と言ったような気がした。

手がかかって、可愛すぎる。

関連記事

  1. 猫マンガ

    ゆず太郎 その三

    ゆず太郎。暴走気味ですが、この…

  2. 猫マンガ

    営業部長復活

    今日はスーツ姿のお客様。ラムとゆずは一目散に逃げました。…

  3. 猫マンガ

    他が気になる

    猫ズが大好きなオヤツかりかり。不公平があってはいけないのでよーいドン…

  4. 猫マンガ

    冷たい

    テンちゃんが寝ていたので添い寝をした。し・…

  5. 末っ子気質

    ゆずちゃんは末っ子で生まれた。それは認める。うちにレイリーが…

  6. 猫マンガ

    ズキズキずかずか

    昨日、歩きすぎて膝を痛めたようです。家の中では何とも無いけれど…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    寒波
  2. 猫マンガ

    ラムのブーム
  3. 猫マンガ

    こっそりはダメ
  4. 猫マンガ

    飽きた
  5. 猫マンガ

    前転できます
PAGE TOP