猫マンガ

手がかかる

テンちゃん。

ベッドに入ろうとしている。

端っこに手をかけたら

ベッドが自分に向ってきてビックリ。

ドキドキ。

同じ事を3回ほど繰り返すので

もう片方を支えてあげた。

私の事をあまり信用していない様子だったけれど

無事入る事ができて「ふふ」と言ったような気がした。

手がかかって、可愛すぎる。

関連記事

  1. 猫マンガ

    動けない理由

    オットがソファーに座るともれなくレイリーが付いてきます…

  2. 猫マンガ

    冷酷な王様

    王様テンちゃん。実は冷酷なところがあります。…

  3. 猫マンガ

    可愛い決まり事

    私が台所で動き出すとラムがぴょんと乗ってきて…

  4. 猫マンガ

    金の斧 銀の斧 その三

    女神様、落とした斧を持って行っちゃった…

  5. 猫マンガ

    自分勝手

    テンちゃんはラムちゃんの身勝手さに怒っている。ラムは寝…

  6. 猫マンガ

    ラム、ご乱心再び

    ラムが寝ていたのでこっそり担々麺を食べようとしたら…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    迷惑かも
  2. 猫マンガ

    シャア
  3. 雑記

    私事ですが
  4. 猫マンガ

    おねしょ?
  5. 猫マンガ

    無理無理グイグイ
PAGE TOP