日本語が難しい

雑記


亡き姑の手続きでここ数日走り回っていますが
日本語が理解できなくて、とっても疲れています。
私たちがアホで理解できないのかしら?と悩むくらい。

今回ひどかったのは支払われていない年金を請求する
生計同一関係に関する申立書という書類。
ネットで調べつくして、やっと理解出来ましたが
書類の中の日本語はチンプンカンプン。
この先、年を取った時にこの様な手続きを出来る自信ないわぁ~。


「もっと簡単にしないとヤバいわよ~」

 

 

 

コメント

  1. りんご より:

    役所の書類は難しく書かれていると思っています。
    役所は出来るだけ、税金を払ってほしく、出来るだけ払いたくないのですよ。
    だから、こちらから払うものは簡単に、役所が払うのは難しく難しくして、こちらが要らないというのを待ってるんですよ。
    給付金は請求しないといけないし、それがどのくらいの数があるのか教えてはくれませんからね。
    理解できないのはお前らの勉強不足だとでも言いたいのでしょう。

    ま、これは私の持論で、ほんとのところは分かりませんが。。。
    本当に手続きって色々あって理解不能です。

    • miyo miyo より:

      りんごさん
      今は調べるとすぐに出てくるのでなんとか理解できますが、理解しつつ
      この文章は変だよね~と思います。
      色々な手続きが多くて嫌になりそうですが、オットが頑張ってくれて
      光が見えてきました。
      私たち夫婦もどちらか残って、最後の一人も死んだ時の事を考えるとゾッとします。

  2. くろ より:

    役所って簡単な事柄を難しく書くことに関しては天才ですよね。
    役所の書類を出すとき、めちゃめちゃ思います。
    入札とかですけど。

    義母さま、お亡くなりになったのですね。
    みよさん、お疲れ様でした。
    大変だったみたいですよね~。
    うちの母親はまだまだ生きそうな感じ。
    はあ~(ため息)

    • miyo miyo より:

      くろさん
      くろさんは役所関係の仕事なんだね。大変そう・・・。
      義母は最後、あっけなく逝ってしまいました。
      退院後は別の老人ホームに、とも考えていたので急な展開に唖然としてしまったというか。
      でも一つ一つ肩の荷が降りていく感じがありますね~。
      お疲れさま、私!です。(実母はまだまだ元気!)

タイトルとURLをコピーしました