猫マンガ

残念なゆずちゃん


ゆずちゃんがオヤツを欲しいと言うので


準備していたらレイリーが起きて来た。


そそそ、とレイリーの方に近寄って
オヤツから遠ざけようとする。
分け合って食べるとか、優しい発想はないのか。


おちゅーる元も本当は独り占めしたいの。


「煩悩を捨てたい」

関連記事

  1. 猫マンガ

    愛が足りないのかも

    テンちゃんのイメージはこんなですが普段は私の事を冷たい…

  2. 猫マンガ

    毛を抜く猫。

    私は怒っています。早朝、ゆずちゃんが私の毛を抜いたのです。…

  3. 猫マンガ

    残念なゆずちゃん、その三

    ゆずちゃんが、蜘蛛をいたぶっていた。陰険なやり方だ。(猫はみん…

  4. 猫マンガ

    金の斧 銀の斧 その三

    女神様、落とした斧を持って行っちゃった…

  5. 猫マンガ

    グラグラを楽しむ

    寝転がっていたら、ゆずちゃんが来てグラグラするところに…

  6. 猫マンガ

    迷惑かも

    一緒に寝る前儀式でテンちゃんにフミフミするラム。でも時…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    五月のハエ
  2. 雑記

    お彫刻教室レポ1
  3. 猫マンガ

    ゆず太郎 その九
  4. 猫マンガ

    余裕のラムちゃん
  5. 猫マンガ

    独占愛だったのに
PAGE TOP