猫マンガ

残念なゆずちゃん、その三


ゆずちゃんが、蜘蛛をいたぶっていた。
陰険なやり方だ。(猫はみんな同じいたぶり?)


地獄に落ちてもお釈迦様から蜘蛛の糸はもらえないよ。
蜘蛛は私が助けたので、私だけは蜘蛛の糸をもらえそうだ。


ゆずをいたぶっていた七宝ちゃんは蜘蛛の糸を
もらえただろうか。


「ボクは地獄に落ちるですか?」

関連記事

  1. 猫マンガ

    誤解

    お正月と言えばお餅。私は砂糖醤油(砂糖多めで甘い)をつ…

  2. 猫マンガ

    心臓マッサージ

    レイリーくん。明かりを消すとスイッチが入る…

  3. 猫マンガ

    悲しいのです

    テンちゃんは亡くなる数年前から寝ている時間がとても長くなりそんなに長…

  4. 猫マンガ

    臆病

    オットがうっかり茶碗を落として大きな音がした。ゆずちゃんが漫画…

  5. 猫マンガ

    ラムものがたり

    ラムがうちに来た時からのお話し。始まり始まり~。2…

  6. 猫マンガ

    フクロテナガザル4時

    まだ太陽も昇らない午前4時。フクロテナガザルが突然騒ぎ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    報われない
  2. 雑記

    年末バタバタ
  3. 猫マンガ

    ゆず太郎、その十三
  4. 猫マンガ

    他が気になる
  5. 雑記

    ただならぬ気配
PAGE TOP