猫マンガ

残念なゆずちゃん、その四


ラムとテンちゃんは時々思い出したようにイチャイチャする。


微笑ましいなぁ~と見ていたら


向こうの方で「家政婦は見た!」ゆずちゃん発見。
あちゃー。


血の涙を流していました。


テンちゃんの事が好きすぎて、見ていて痛いわ~。


「ボクは迷惑」

関連記事

  1. 猫マンガ

    思惑通りにはいかない

    新しいトイレ。ゆとりの大きさだから、今度こそ上手く行くと思った…

  2. 猫マンガ

    ラムが頂点

    テンちゃんがのしのし歩いている後ろからラムが軽快に走ってきて…

  3. 猫マンガ

    夢中になって血を見る

    おもちゃを出すとワラワラ集合。うちは末っ子が一…

  4. 猫マンガ

    裏切りの図

    ラムは私にべったり。少し離れると大きな声で鳴いて自分の…

  5. 猫マンガ

    美しい爪

    ラムの爪は細くて形が良い。人間だったらさぞかしネイルが似合うだ…

  6. 猫マンガ

    復活

    テンちゃんが復活して嬉しいです。妖怪丑三つ時起こしも復…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    学習しないテンちゃん
  2. 猫マンガ

    ゆず太郎 その六
  3. 連日苦戦
  4. 猫マンガ

    柑橘類
  5. 猫マンガ

    40度こえ!!!
PAGE TOP