猫マンガ

残念なゆずちゃん、その四


ラムとテンちゃんは時々思い出したようにイチャイチャする。


微笑ましいなぁ~と見ていたら


向こうの方で「家政婦は見た!」ゆずちゃん発見。
あちゃー。


血の涙を流していました。


テンちゃんの事が好きすぎて、見ていて痛いわ~。


「ボクは迷惑」

関連記事

  1. 猫マンガ

    迷路

    グルテンフリー、と聞くと良さげに聞こえるので色々な種類を買ってみたけ…

  2. 猫マンガ

    さよなら、マカロン

    今年は6月に入っても寒い日があってなかなかマカロンを片付ける事…

  3. 猫マンガ

    よいお年をお迎えください

    みなさま。今年も一年ありがとうございました。よいお年をお迎えください…

  4. 猫マンガ

    マカロンベッド再び

    再びラムが紫のマカロンベッドで寝るようになった。オレンジマカ…

  5. 猫マンガ

    金の斧 銀の斧 その三

    女神様、落とした斧を持って行っちゃった…

  6. 猫マンガ

    踏み台が必要

    煙となんとかとテンちゃんは高い所が好き。で…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 雑記

    買うついでに
  2. 猫マンガ

    浦島ゆず太郎・2
  3. 猫マンガ

    目覚めの喝
  4. 猫マンガ

    にれこスケッチ2巻
  5. 猫マンガ

    Kiriのクリームチーズ
PAGE TOP