猫マンガ

油を舐める化け猫


料理を終えた油ギトギトのフライパンを
すぐに洗わずに放置しておくと
音もたてずにゆずちゃんが現れて
こっそり油を舐めている。
少し叱ったくらいでは逃げない。
「化け猫になっちゃうよ!」と
厳しく叱ると、忌々しい!という顔をして
やっと逃げていく。
ちょっと憎たらしいのである。


七宝ちゃんにお説教してもらおうか。


「化け猫になるより、
七宝ちゃんに怒られる方が怖いです」

 

 

関連記事

  1. 猫マンガ

    朝のラム様

    朝は時間との闘い。でもこのお方には関係ない。ラム様ですから。…

  2. 猫マンガ

    犯人は?

    朝起きて、布団をそのままにして帰ってきたら、ウ…

  3. 猫マンガ

    猫でないもの

    テンちゃんと二人で楽しかったのに半年後にやってきた子にテンちゃ…

  4. 猫マンガ

    ゆず太郎 その五

    桃太郎の歌をゆず太郎に変えて歌ってみて…

  5. 猫マンガ

    安全は他人任せ

    「ねこがくれ」という、いかにも猫が喜びそうな袋を買った。レイリ…

  6. 猫マンガ

    浦島ゆず太郎・5

    ゆず太郎が浜辺でぼんやりしていると七宝ちゃんがやってきて…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    明智ゆずひこ
  2. 猫マンガ

    残念なゆずちゃん
  3. 猫マンガ

    裏切りの図
  4. 猫マンガ

    ゆず太郎 その十
  5. 猫マンガ

    うちに猿が来た
PAGE TOP