猫マンガ

浦島ゆず太郎・1


昔々、あるところに浦島ゆず太郎という漁師がいました。


浜辺を歩いていると近所で有名な
ツンデレ猫の七宝ちゃんが
カメをぶん殴っていました。


ゆず太郎も七宝ちゃんが怖いので
ササミをあげてカメを助けました。


カメはそれなりに喜んで唐突に竜宮城に行こうと
誘いました。


ゆず太郎、カメの背中に乗せられてレッツゴーです。


「ボク、どうなっちゃうの?」
つづくよ。

関連記事

  1. 猫マンガ

    フクロテナガザル4時

    まだ太陽も昇らない午前4時。フクロテナガザルが突然騒ぎ…

  2. 猫マンガ

    愛が深まった

    猫の誰かがゲロッピしても、ティッシュが間に合わない時は見ている…

  3. 猫マンガ

    膝が痛い

    前に膝を痛めてから、どうも調子が悪い。30分くらいのウォーキン…

  4. 猫マンガ

    歯のクリーニング日

    今日は3カ月に1回の歯のクリーニング。イスに座って顔に…

  5. 猫マンガ

    大喧嘩

    レイリーはマウント魔。チャンスさえあれば、いつでもどこでもマウ…

  6. 猫マンガ

    避けられてます

    このような状況でラムがよりによ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    迷惑かも
  2. 雑記

    すっぴん
  3. 猫マンガ

    今日の出来事
  4. 猫マンガ

    高所恐怖症?
  5. 雑記

    今年を振り返る
PAGE TOP