猫マンガ

滑り込む猫


お久しぶりのゆずひこちゃん。


夜は私の足元で寝ます。
そこそこ寒い日は布団の上。


とっても寒い日には羽毛布団と毛布の間に
上手に入り込みます。
毛布に乱れはありません。
滑り込みの天才と呼ばれています。

 

 

関連記事

  1. 猫マンガ

    余裕のラムちゃん

    ラムとレイリー。倍ほど体重差がある。巨猫で一番…

  2. 猫マンガ

    危機管理

    ラムとゆずは寝ていても人間の気配をすぐに感じて…

  3. 猫マンガ

    目覚めの喝

    オットは朝が弱く、ボーとしている時間が長い。今朝も扉の前でボー…

  4. 猫マンガ

    探し物

    15年くらい前、まだラムテンもいなかった頃。株取引にちょっとハ…

  5. 猫マンガ

    ゆず太郎 その九

    明日は鬼が登場します。怖い怖い…

  6. 猫マンガ

    浦島ゆず太郎・1

    昔々、あるところに浦島ゆず太郎という漁師がいました。浜…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    残念なゆずちゃん、その二
  2. 猫マンガ

    高熱だったテンちゃん
  3. 介護

    老後を考える
  4. 猫マンガ

    落ちた
  5. 猫マンガ

    布団に食べられた
PAGE TOP