猫マンガ

滑り込む猫


お久しぶりのゆずひこちゃん。


夜は私の足元で寝ます。
そこそこ寒い日は布団の上。


とっても寒い日には羽毛布団と毛布の間に
上手に入り込みます。
毛布に乱れはありません。
滑り込みの天才と呼ばれています。

 

 

関連記事

  1. 猫マンガ

    めんどくさい女

    ラムは時々マリーアントワネットになる。カリカリ…

  2. 猫マンガ

    残念なゆずちゃん、その三

    ゆずちゃんが、蜘蛛をいたぶっていた。陰険なやり方だ。(猫はみん…

  3. 猫マンガ

    余裕のラムちゃん

    ラムとレイリー。倍ほど体重差がある。巨猫で一番…

  4. 猫マンガ

    腹ペコ作戦

    ゆずひこさんは腹ペコになると、しつこい。カリカリを出す…

  5. 猫マンガ

    次の一手

    寝ていて視線を感じ、目を開けるとそこに…

  6. 猫マンガ

    大丈夫?

    連日の暑さに体がだるくて横になっていたらレイリーが大丈…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    いまだ慣れず
  2. 雑記

    ウルトラシームレスパンツ
  3. 猫マンガ

    お口に合わない顔
  4. 猫マンガ

    テンちゃん12歳
  5. 猫マンガ

    シャンシャンより重いの?
PAGE TOP