猫マンガ

猫でないもの


テンちゃんと二人で楽しかったのに
半年後にやってきた子にテンちゃんメロメロ。


あたしはベシベシ叩いて追い払おうと思った。


けれどお尻を舐めたら可愛くなっちゃった。


何年か経つとあの子は猫ではないものになっていった。
誰も近寄れない。
遠くから見ているだけだった。


猫でないものになったら、
ベシベシ叩いて猫に戻ってもらうべきだった。
遠くから見ているだけじゃダメなんだ。

関連記事

  1. 猫マンガ

    飽きた

    レイリー君。何でも食べる子だったけれど今のカリカリが急に飽…

  2. 猫マンガ

    目覚めの喝

    オットは朝が弱く、ボーとしている時間が長い。今朝も扉の前でボー…

  3. 猫マンガ

    七宝

    もし、新人猫を受け入れる事になったら仔猫以外は多分無理だと思う…

  4. 猫マンガ

    いつまでも解決しない

    本来、人間が座るハズのソファは常に猫に占領されこれでは…

  5. 猫マンガ

    ゆず太郎 その五

    桃太郎の歌をゆず太郎に変えて歌ってみて…

  6. 猫マンガ

    家鳴り

    家鳴りがすると猫ズは音がした方をじーーーと見ている。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    お利口なのです
  2. 猫マンガ

    シャア
  3. 猫マンガ

    譲れないものがある
  4. 猫マンガ

    寝る場所
  5. 猫マンガ

    金の斧 銀の斧 その二
PAGE TOP