猫マンガ

臆病


オットがうっかり茶碗を落として大きな音がした。
ゆずちゃんが漫画のように大きくジャンプした。
これはビックリしても仕方がない。


インターフォンから流れる他人の声も怖い茶色軍団。
茶色軍団はいつまでたっても臆病だ。


巨猫軍団のように動じない性格だったら
もっと穏やかに暮らせるのにね。


「ボク、繊細なの!」

 

関連記事

  1. 猫マンガ

    スマホのバイブと猫のイビキ

    我が家の困りごと。テンちゃんのイビキとスマホのバイブ。音が…

  2. 猫マンガ

    ずるいダンス・その2

    レイリー君とイチャイチャしていたら自分もイチャイチャし…

  3. 猫マンガ

    夢中になって血を見る

    おもちゃを出すとワラワラ集合。うちは末っ子が一…

  4. 猫マンガ

    熱烈歓迎

    今日はレイリー君の保護ママンやまけろさんが遊びに来て下さいました。…

  5. 猫マンガ

    こっそりはダメ

    レイリーが口パクで「ちゅーるが欲しい」と言うので「…

  6. 猫マンガ

    危機管理

    ラムとゆずは寝ていても人間の気配をすぐに感じて…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    おーとっとっと脱走
  2. 猫マンガ

    断捨離を邪魔される
  3. 猫マンガ

    愛が深まった
  4. 猫マンガ

    寝る場所
  5. 雑記

    書類が戻ってきた
PAGE TOP