猫マンガ

裏切りの図


ラムは私にべったり。


少し離れると大きな声で鳴いて自分の居場所をアピール。


あまりにべったりすぎて、ラムの存在を忘れ
うっかり扉で挟んでしまいました。


そんなにショックだったのか??と思うほど
ラムは落ち込みます。
信頼していた人に裏切られた感じ?


普段はトリ頭なのに、こういう時だけは長い事忘れません。
もっと可愛がらないと、この愛は通じないのかしらん。

関連記事

  1. 猫マンガ

    見つめる猫に見つめ返し

    ラムが物陰から私を見つめていた。そっちがその気なら、と…

  2. 猫マンガ

    ズキズキずかずか

    昨日、歩きすぎて膝を痛めたようです。家の中では何とも無いけれど…

  3. 猫マンガ

    ぷしゅぷしゅ

    一昨日からレイリーが布団に入って寝るようになりました。耳元でぷしゅぷ…

  4. 猫マンガ

    明智ゆずひこ

    「テンちゃん一家」が「ゆずちゃん一家」になるのか?と思われた3…

  5. 猫マンガ

    ラムが頂点

    テンちゃんがのしのし歩いている後ろからラムが軽快に走ってきて…

  6. 猫マンガ

    手がかかる

    テンちゃん。ベッドに入ろうとしている。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 雑記

    ウェアラブルデバイス
  2. 猫マンガ

    ゆずひこの真実
  3. 猫マンガ

    油を舐める化け猫
  4. 猫マンガ

    命日
  5. 猫マンガ

    ゆず太郎 その一
PAGE TOP