猫マンガ

閉じ込められた・2


ラムちゃんは閉じ込められても
閉じ込められたという自覚を持てない。


呼んでも呼んでも返事をしない。

ラムの名誉のため言っておきますが
普段は顔を見て呼べばすぐ返事をしますよ。


私の心臓が口から出た頃にやっと見つかる。


ラムは過去にも押入れに閉じ込められて
まさか押入れだとは思わず大騒ぎになった事がある。


レイリーはラムの事を笑えない。
エアにゃあは聞こえない。


困ったコンビ。

 

関連記事

  1. 介護

    猫のおかげ

    レイリーが可愛い顔で寝ているなぁ~と心の中で思っていたら…

  2. 猫マンガ

    マカロンベッドの苦悩

    「私はマカロンの精」「こんな事言うのもなんです…

  3. 猫マンガ

    名猫(犬)ゆっしー

    ゆずちゃん。実は名犬ラッシーならぬ名猫ゆっしーである。…

  4. 猫マンガ

    熱烈歓迎

    今日はレイリー君の保護ママンやまけろさんが遊びに来て下さいました。…

  5. 猫マンガ

    ずるいダンス

    レイリー君をブラッシングしているとブラッシングが大好き…

  6. 猫マンガ

    いつまでも解決しない

    本来、人間が座るハズのソファは常に猫に占領されこれでは…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 雑記

    アレクサ
  2. 猫マンガ

    浦島ゆず太郎・5
  3. 猫マンガ

    歯のクリーニング日
  4. 猫マンガ

    猫でないもの
  5. 猫マンガ

    暑苦しい猫ども
PAGE TOP