臆病


オットがうっかり茶碗を落として大きな音がした。
ゆずちゃんが漫画のように大きくジャンプした。
これはビックリしても仕方がない。


インターフォンから流れる他人の声も怖い茶色軍団。
茶色軍団はいつまでたっても臆病だ。


巨猫軍団のように動じない性格だったら
もっと穏やかに暮らせるのにね。


「ボク、繊細なの!」

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

もくもく

次の記事

祈るような気持ち