悲しいのです

テンちゃんは亡くなる数年前から

寝ている時間がとても長くなり

そんなに長く生きてはいられないだろうと

ある程度の覚悟がありました。

悲しかったけれど

納得の死でした。
レイリーはうちで一番若かったし

活発で走り回っていたので

突然の死は到底受け入れられない。
レイリーも無念だったと思うと

悲しいのです。

Follow me!

悲しいのです” に対して4件のコメントがあります。

  1. やまけろ より:

    レイリー、躓いて、そのまま雲までジャンプし過ぎちゃったのかな。
    みよさん、ダメだよ、ペットロスが過ぎるとセイカツ舎みたいに一気に増えちゃうから。元気出して!

    1. miyo より:

      やまけろさん
      時々、ぐわーーーと泣けてくるのよ~。
      想い出が濃すぎるのよ、レイリー。
      レイリーの穴をうめるような感じになるかもしれないけれど、もう準備中・・。

  2. ハツ より:

    あたしね、なんにもしないでね、もよちゃんといちんちじゅう、かなしいかなしいさびしいくやしいって、ずっと一緒に泣いていたいよ。
    はぐはぐはぐ∞

    1. miyo より:

      ハツさん
      はぐはぐはぐ!!ふわぁ~と悲しみが襲ってきて泣いてます。
      あの体を抱きしめる事が出来ないのが本当につらい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

人間をダメにするソファ

次の記事

交互に大騒ぎ