本を読んで泣いた

今、集中して読んでいるのが重松清さん。
”きみの友だち”は自分の経験と重なる事もあって読み終わった後は泣いた。
この本は10代20代で出会いたかったなぁ。
それとも今の年代だからしみるのか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

ヴィヴィの自慢

次の記事

ケンカ