猫マンガ


ラムちゃんがとても悲しそうな声で泣いていた。
脱衣所が好きなので、そこに行きたいけれど
扉が閉まっているのだ。


可哀想なラムちゃん・・・。


明け方?夜中?の3時だよ!!
可哀想なのはこっちなのだ!!


「可哀想なわたし、可愛いわたし」


(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

関連記事

  1. 猫マンガ

    ルーティン

    レイリー君の寝る前ルーティン。私に乗る。首とか顔とか。…

  2. 猫マンガ

    金の斧 銀の斧 その三

    女神様、落とした斧を持って行っちゃった…

  3. 猫マンガ

    ゆず太郎 その四

    ゆず太郎に仲間が増えました。ト…

  4. 猫マンガ

    恩返しと愛

    今日、私は駐車場にいたタマムシを助けた。最近めったに見ないタマ…

  5. 猫マンガ

    次の一手

    寝ていて視線を感じ、目を開けるとそこに…

  6. 猫マンガ

    今、金、高騰だよね?

    姑の引越しがバタバタと決まって整理に追われています。荷物を相当…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    ゆず太郎、その十一
  2. 猫マンガ

    おえおえ
  3. 猫マンガ

    天才テンちゃんに勝つ
  4. 猫マンガ

    腹ペコ作戦
  5. 猫マンガ

    こだわる女
PAGE TOP