猫マンガ


ラムちゃんがとても悲しそうな声で泣いていた。
脱衣所が好きなので、そこに行きたいけれど
扉が閉まっているのだ。


可哀想なラムちゃん・・・。


明け方?夜中?の3時だよ!!
可哀想なのはこっちなのだ!!


「可哀想なわたし、可愛いわたし」


(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

関連記事

  1. 猫マンガ

    ぷるぷる

    うちの洗濯機は15年以上使っている縦型全自動。壊れそうで壊れな…

  2. 猫マンガ

    報われない

    出張続きのオット。帰ってくると猫にモテモテ。オットの事がち…

  3. 猫マンガ

    探し物

    15年くらい前、まだラムテンもいなかった頃。株取引にちょっとハ…

  4. 猫マンガ

    エリザベスウェア

    舐めすぎラムちゃん。お腹の毛はほぼナシ。舐めすぎてカサブタ…

  5. 猫マンガ

    首に乗る猫

    レイリーくん。布団に入らない時は私の首に乗って寝ます。…

  6. 猫マンガ

    呼べば応える

    テンちゃんがぐっすり寝ていたので「テンちゃん、寝ているね~」と…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告




  1. 猫マンガ

    フクロテナガザル4時
  2. 雑記

    私事ですが
  3. 雑記

    CONTACT
  4. 雑記

    オットの誕生日
  5. 猫マンガ

    毛を抜く猫。
PAGE TOP