雑記

日常のあれこれ。覚書。

  1. 今度こそ万歳

    姑の手術跡がまた腫れた、と施設から連絡があり病院に連れていった結果。腫れていないとの事。施設側が心配しすぎただけでした。今度こそ、万歳な気持ち。…

  2. 神頼み

    つい先日、姑の容態が落ち着いて万歳~みたいな事を書いたのにまた術後の傷跡が腫れて明日も病院へ。なーぜー?と、不意に思い出した。…

  3. ヒノキ

    オットはクシャミ、鼻水、目のかゆみがあっても花粉症ではない!と言い張る。アホなの?と、思っていたけれどその気持ちが今年やっとわかった…

  4. 寄り添う猫

    今、この絵を描いている時もゆずちゃんは私の隣に座っています。レイリーみたいに全身で甘えるのではなく気が向いたらボクを撫でて、と控えめです。…

  5. 今日の出来事

    今日は面白い出来事があって、何かというと思い出し笑いが止まらず、ニソニソしている自分は我ながら気持ち悪かった。私の住む地域は最近地震がな…

  6. メンソレータム

    メンソレータムをぬりぬりしていたらゆずちゃんが匂いを嗅ぎたいと言ったので嗅がせた。すぐに逃げると思ったのに暫く嗅いでいた。ゆずちゃんは反…

  7. 泣け!

    テンちゃんがまた早起きになり、困っています。目覚ましが鳴ると人間が起きると理解しているから「泣け!お前さえ泣けば人間は起きるのだ!」と目覚まし時…

  8. 自動運転

    母(実母)が若かったころ近所の美容院に行って帰ってくると、すごい髪型になっていた。パーマと言えばクリクリの大仏さんヘアーだった。今思えば…

  9. あの先にはお宝が。。。

    名古屋の桜の名所「山崎川」。川沿いに植えられた桜は途切れる事なく永遠に続くように思われ途中でヒザが痛くなるも、この先にはもっとすばらしい桜があるので…

  10. 目をぐりぐり

    目をこすったり、圧力をかけない方が良いと言われているので我慢しているけれど、目頭をぐりぐり押すのだけは時々やってしまう。ダメだとわかっていても、…

  1. 猫マンガ

    ゆず鶴の恩返し その二
  2. 雑記

    顔面蒼白
  3. 雑記

    絵日記
  4. 猫マンガ

    浦島ゆず太郎・1
  5. 猫マンガ

    豪華なレイリー
PAGE TOP